八幡神社について

御祭神

御祭神は、「安産・長寿」「家内安全・必勝」の神様として古くから地域の人々の信仰を受けています。


ほんだわけのみこと
誉田別尊(応神天皇)

おきながたらしひめのみこと
息長足姫尊(神功皇后)

たけのうちすくねのみこと
竹内宿禰命

とようけひめのみこと
豊受姫命



由緒略歴

今から約八百年前、源頼朝が鎌倉に幕府を置いていた頃、柏壁の浜川戸に春日部重実という人がおり、大袋、大沢、桜井、新方、増林あたりを領地としていました。

この重実の子に実景、そしてこの実景の孫に重行(春日部治部少輔時賢)という人がいました。彼は長い間、相州(現在の神奈川県)にある鶴岡八幡宮を敬信していて、しばしばの合戦にもその霊護を蒙ったので、遥拝(はるかに礼拝すること)のため鎌倉時代元弘年間(一三三○年代)に鶴岡八幡宮を模してこの八幡神社を造営したと伝えられており、森の一部は彼の館跡と言われています。

昔は、新方四十余郷の総鎮守で代々領主の守護神社てあり、その後しばしはの栄枯盛衰もありましたか、現在は春日部の総鎮守となっています。



御神木

御神木

参道中央部に空高くそびえる大銀杏は、鶴岡八幡宮の御神木の一枝が飛び来たり、一夜のうちに繁茂したと伝えられています。


都鳥の碑

都鳥の碑

参道入り口には、在原業平と当神社の故事を伝える「都鳥の碑」があります。

『名にしおはばいざ言問はん都鳥

 わが思ふ人はありやなしやと』

隅田川の渡しで、川岸に遊ぶ嘴が赤く翼の白い鳥を見て、京都では見たことのない鳥と思い、渡し守にその鳥の名前を聞くと「都鳥」と答えたので、京都のことを思い出して上記の歌を詠んだと記されています。


薪能

薪能

昭和五十七年十月に御鎮座六百五十年祭を奉祝し、御社殿等の大修造工事が実施されました。記念行事として、「薪能」が奉納され、その後一年おきに演能されています。




鎮守の杜の神様たち

鎮守の杜の神様たち


八幡さま
(応神天皇・神功皇后・竹内宿禰命・豊受姫命)

春日部の総鎮守。毎日の生活を守って下さる神さま。
文武を導く神。長寿・安産の神。

奥の院

旧本殿。平成七年焼失、平成八年再建。

稲荷さま
(倉稲魂神 うかのみたまのかみ

豊作豊漁、商売繁盛の神。

鹿島さま
(武甕槌命 たけみかづちのみこと

強い心身をはぐくみ邪悪を断ちきり運勢を開く神。

香取さま
(経津主神 ふつぬしのかみ

強い心身をはぐくみ邪悪を断ちきり運勢を開く神。

愛宕(あたご)さま
(火産霊神 ほむすびのかみ

防火の守護神。

天神さま
(菅原道真 すがわらのみちざね

福岡県の太宰府夭満宮が本宮。学問の神。

弁天さま
(市杵島姫命 いちきしまひめのみこと

人を助ければ人に助けられる「道」の神。

氷川さま
(須佐之男命 すさのおのみこと・稲田姫他 いなだひめ

邪気を祓い人々の苦を除く神。
武蔵野国の総鎮守。

御獄(みたけ)さま
(櫛真知命 くしまちのみこと

火災・盗難除け神。

浅間さま
(木花佐久夜姫命 このはなさくやひめのみこと

霊峰富士山の神。子供たちの健康成長を御守護。





埼玉県指定 天然記念物 「中川低地の河畔砂丘群 浜川戸砂丘」

榛名山や浅間山の火山灰等に由来する大量の砂が平安~室町時代の寒冷期の強い季節風により、
利根川の旧河道(きゅうかどう)
沿いに吹き溜(た)められて形成された内陸性の砂丘。

長さ200m、幅50mの規模で八幡神社と稲荷神社の境内にみることができる。

(平成28年3月15日 指定)